« 本を物色 | トップページ | 閑話 »

2012年1月15日 (日)

柴又へ

ちょいと
柴又は帝釈天と明治神宮に
参拝に行ってきました

地元から柴又まで行くルートは
地下鉄を使ったりすると
色々とあるのですが
時間が多少かかっても
乗り換えが楽なルートで行く事に
JRで日暮里まで行き
そこから京成線で柴又へ

後から調べたら
東京自由切符だと
柴又の一駅先の金町まで行けるので
金町まで行って柴又に戻った方が運賃的には安く行けたようで・・・

ただ
JRの金町駅と京成線の金町駅は違うので
乗り換えが面倒になったかもしれないのですが・・・

と云う訳で柴又

大体、自宅から2時間弱と云うところ
駅を降りると直ぐに寅さんの銅像がお出迎えしてくれます

電車を降りた時は寅さんの銅像周りは
観光客(参拝客)で人だかりですが
電車の到着時間以外だと人だかりは皆無ですので
電車を降りて直ぐに写真を撮るよりも
ちょいと時間をずらした方が良いですわな・・・と後になって分かりました(;´Д`A ```

寅さんの銅像から直ぐ前に
帝釈天へ続く参道入り口が見えますので迷う事はないですわ

懐かしい感じのお店を覗きつつ

この店の店先に昔懐かしい
100円入れて自分で作る綿飴器が置いてありましたわ(>ω<)

信号を渡ると
帝釈天参道の本道という感じの参道に

この参道に寅さんの映画で4作目位までに「くるま屋」として
撮影に使用されていた団子屋「とらや」があります
帰りに草団子を買いましたわ(≧ω≦)b

で帝釈天

知っては居たのですが思っていた以上にこぢんまり
参拝するだけならモノの5分もかからないかと(-人-)

取り敢えず
帝釈天の境内を散策したり
猿回しを見たり
キティのお守りを買ったりと・・・

それでも30分も居ませんでしたが(;´Д`)y─┛~~

その後は
寅さん記念館に

帝釈天から寅さん記念館までは道々に辻々に
指標が立っているので迷うことなく行けます
大体帝釈天から歩いて10分弱

入場料500円を払って館内に

あぁ・・・
館内に入る前に入り口の有名な寅さんを(≧ω≦)b

館内は
撮影で使われた台本や寅さんの衣装

 

や寅さんの居た時代の下町のミニチュア
くるま屋の店内を再現されていたり

くるま屋の店内で記念写真を撮ると
何か実際にくるま屋に来ていて
奥からたこ社長が出てきそうな感じに

その他にも
歴代のポスターや
寅さんクイズや
寅さんの啖呵映像やらと
寅さんファンには垂涎の記念館かと
記念館としては帝釈天と同様にこじんまりしていて
スペース的には
「もう終わり」
と云う感じになるのですが
寅さんファンなら2時間位は居られるかと・・・
何しろ
そこまで寅さんファンでない自分ですら
何だかんだで30分以上はいましたからね(*・∇・)=3


寅さん記念館を後にして
明治神宮に

完全に東京横断ですわ(〃⌒∇⌒)ゞ

何となく
新年1月には新たにパワーを貰いたいと
明治神宮に参拝したくなるのですわな(`・ω・´)

センター試験当日なので
学生が沢山居ましたわ

そして
今年もちょうど氷像展を開催していました

模範彫刻が一番良い出来に見えたのが何とも感とも・・・( ̄∇ ̄)

正月仕様の飾り付けをしている門をくぐって参拝
参拝客が沢山居たので
待ち時間は10分くらいかと・・・

参拝した後は境内に貼られている小中学生の書き初めを見たり・・・
と云うか
貼られるだけあって
小中学生でも字が上手い
どー比べても
自分
小学1年生の字に負けていますわ(-_-)

その後は
北の池を見て帰路に

自宅を朝9時過ぎに出て
自宅に着いたのが18時頃と・・・
なかなか充実した一日だったのではないかと・・・

ただ
ほとんどが電車の移動に費やされているのですがね(≧_≦)

|

« 本を物色 | トップページ | 閑話 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408524/43752402

この記事へのトラックバック一覧です: 柴又へ:

« 本を物色 | トップページ | 閑話 »