フォト

« 閑話 | トップページ | 閑話 »

2013年11月18日 (月)

映画鑑賞

自分の部屋用に
石油ファンヒーターを買おうか悩み中

1万円前後のヤツなので
別段悩む程の買い物でもない気がしないでもないのだけど
それでも・・・ねぇ・・・

正直
「エアコンを使えば良いんじゃない」
と思わないでもないのだけど
直ぐに暖かくなるのを考えると
石油ファンヒーターは魅力的で

そんな感じで
三谷幸喜原作脚本監督作品
「清洲会議」
を観てきました

平日の朝一の回と云う事で
観客も疎らで年齢層も大分高め

題材が題材だけに・・・ね

清洲会議は説明は不用でしょうが
本能寺で死んだ織田信奈の後継者を決める会議で
織田家筆頭家老の柴田勝家と
信長を誅した明智光秀を討った羽柴秀吉との畳の上での決闘
と云うモノで
空間コメディを得意とする三谷幸喜には打って付けの話だと思って
かなり期待大で観に行ったのですけどね

自分としては
作品の殆どが清洲会議が行われた
清洲城の一室のみでの劇を期待していたのですが
期待に反してというか
まぁ、そりゃそうだよなぁ・・・と云いますか
結構色々な場面移動があったりで

そして
期待していたよりも
面白くなかったと云う

いやいや
コレだと語弊がありそうになりますが
つまらなかったかと訊かれれば
つまらなくなかったと答えますし
面白かったかと訊かれれば
面白かったともむ答えますし
観て別段損した気にはならない映画なのですが

アレかな
自分の中で
かなり面白さに期待していたので
何か肩すかしを食らった感じ?

番宣とかで
織田家の人の鼻を特殊メイクで大きくしたとか
秀吉の家の人の耳を特殊メイクで大きくしたとか
言っていましたけど
それが何?と云う感じで
大して面白くもないですし
それが話に係わってくる訳でもないですし・・・

そもそもと云うか

柴田VS秀吉と云うよりも
丹羽長秀VS秀吉と云う話なので
その取っ掛かりから
自分の中では違和感が有りまくりで
どーにも・・・

でも
まぁ
笑える箇所も随所にあるので
肩肘張らずに軽く観る分には十二分に楽しめる映画ではないかと

前作の「ステキな金縛り」の方が
数倍面白いとは思いますがね
自分としてはね

あぁ
その「ステキな金縛り」に出ていた
西田敏行演じる更科六兵衛が
まんま出てきたのには驚いたと同時に面白かったですわ(>ω<)

しかし
三谷映画は
役者の無駄遣いが半端無いデスわな(>ω<)

天海祐希の出オチ(?)扱いには吹き出しましたわ(≧∇≦)ノシ




マリみての挿絵を描いているひびき玲音氏が
自身のツイッターで
「本日の納品にてコバルトシリーズで描かせていただいていた『マリア様がみてる』~『お釈迦様もみてる』までの単行本のお仕事が一区切りとなりました。15年間ありがとうございました」と

・・・
・・・・・・
・・・
やはり
もう終わっているんですなぁ・・・
マリみて・・・・

« 閑話 | トップページ | 閑話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>清洲会議は説明は不用でしょうが
>本能寺で死んだ織田信奈の後継者を決める会議で

信奈じゃねー
...と一応義理堅く突っ込んでみる(苦笑)


>もう終わっているんですなぁ・・・
>マリみて・・・・

そういえば、冬混みはどうなったの?

織田信奈は本気で間違ってた(゜Д゜;≡;゜Д゜)
予測変換のなせる技か・・・

冬コミは申し込んでいないですよ
と云うか
冬コミのサークル参加は無理すぎるし(;´д⊂)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画鑑賞:

« 閑話 | トップページ | 閑話 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-
無料ブログはココログ