フォト

« 9月ですが | トップページ | 閑話 »

2014年9月15日 (月)

映画鑑賞


を読み終わり

を読み始めました

いや・・・
登場人物のザワザワ感が半端無くて
すっげー面白いですわ

ただ
寝る前とかに読むと
頭がグアーってなって
眠れなくなるので
寝る前に読むのが出来ないのが厳しい・・・

映画を2本観てきましたわ
映画と映画の間が1時間開くので
どーしようかと思ったのですが
その時間は買い物したりしてちょうど時間が潰せるんじゃなかろうかと思いまして
ショッピングモールの中にシネコンがあるので
1時間位の時間を潰すには訳もない感じで

「るろうに剣心 伝説の最期編」と「ルパン三世」を観てきましたよ

以下はネタバレ含む感想ですよ


「るろうに剣心」の方は前作の「京都大火編」を観ていたので
後編の「伝説の最期編」を観ないことには収まらないので
公開初日にさっさと観てきたという訳ですわ

感想的には
なんとも駆け足的
もう少し登場人物を絞れば楽だったろうに・・・・と
十本刀も登場しただけで
ほとんどモブ化していて志々雄の手下ABとかと変わらない扱い
沢下条張は前編ではかなりスポットを浴びていましたが
後編の伝説の最期編ではそんなことがなく
ほとんど瞬死扱い

一応でも戦闘シーンが在ったのは
斉藤VS魚沼宇水と左之助VS悠久山安慈のみ
でも
魚沼宇水は出てきたと思ったら斉藤の牙突一撃で終了
悠久山安慈は佐之助に金玉殴られて終了と散々

と云うか
伝説の最期編は前半の殆どが福山雅治
福山雅治演じる比古清十郎と剣心の殺陣の乱舞
それはもう
これでもか・・・と云うほどに
福山雅治を起用したんだから
尺を使わないともったいないと思ったんじゃなかろうかと思うほどの福山押し

せっかく会得した飛天御剣流の奥義も
映像的には九頭龍閃は分りやすかったのですが
天翔龍閃はいまいちで・・・
まぁ所詮は抜刀術ですからね
映像のインパクトさがいまいち過ぎて
志々雄真を天翔龍閃で倒しても盛り上がりに欠けるほどで・・・

殺陣のシーンだけ見れば
四乃森蒼紫に九頭龍閃を使った時のほうが映像的には良かったです

志々雄真の刀身に炎を宿す焔霊は映像的にも分りやすかったので
天翔龍閃も刀身を光らせれば見栄えも良かったのではないかと・・・

しかし・・・
佐渡島方治の最後と瀬田宗次郎のその後がなかったのが
自分的には残念
瀬田宗次郎の
簡単に答えを出させてくれないなんて志々雄さんよりずっと厳しいや...。

「北か これから暑くなるからちょうどいいかな」
は欲しかったし
死んだ方治が地獄で志々雄真と合流して
閻魔相手に地獄の国盗りを行うと宣言し、高笑いを揚げる志々雄真に
嬉しそうに付いていくシーンが見たかったですわ

でも
取り敢えずるろうに剣心ファンの期待を大きく裏切らない作りではなかったかと
何だかんだで面白く観れましたしね

そして
色々と話題の「ルパン三世」

映画の実写版のデビルマンを100点満点中2点
実写版のガッチャマンを4点つけたサイトが
3点をつけたので
もう自分の中では期待大の映画
デビルマンもガッチャマンも観ている自分としては観ずにはおれない・・・と

取り敢えず
ポイントが溜まっていたので
ポイントで観たので実質0円

別に
お金を出してまで観る価値がないとは思ったわけじゃないからね(;´Д`)y─┛~~


色んな意味で期待していたわけですが
これまた
色んな意味で期待を裏切られましたわ

自分的には
普通なルパン三世作品に仕上がっていまして拍子抜け
ネットなどで散々なことを言われていますが
至って普通の映画
このままアニメ化して何時もの日テレの金曜ロードショーで放映しても可怪しくない感じ

金曜ロードショーでやるオリジナルのルパン三世アニメは
原作やTVシリーズとは一線を画していますから
この一線を画しているアニメの実写化と云えばなんの不思議もない作り

正直
自分的には栗田貫一のルバンの違和感よりも
小栗旬のルバンの方が違和感は無く・・・
映画を観ていると黒木メイサの峰不二子も最初の違和感と不信感はかなり払拭されてきましたし

金曜ロードショーでのルバンの話は

ルパンが登場してお宝を盗む

そのお宝に絡んで陰謀などに巻き込まれる

敵の待ち構える厳重な警戒網を
次元大介や石川五エ門や峰不二子
重要なサブキャラと協力して破り
お宝を奪い敵を倒す

その時重要なサブキャラがやられる

奪ったお宝を峰不二子に盗られる

銭形警部に追われて終了

と云う感じで
まさにちゃんとこのストーリー作りに徹して作られた映画で
話の破綻もなく違和感が無く
すっげー面白いわけでもなく
すっげーツマラナイ訳でもなく
安心して観れる作品で
本当に拍子抜けなほど奇も衒っていませんし
役者陣も演技は巧いので
演技に突っ込むところもなく
本当に自分の感想は
拍子抜けした・・・・としか云いようがなく・・・

これなら普通にお金を出して観ても
失敗したとは思わないですねぇ・・

取り敢えず
自分的一番面白かったシーンは
機上内で
ルパンと次元が不二子の事で話している時に
キャビンアテンダントが微笑みながらやってくるのですが
そのキャビンアテンダントが山田優と云う
その山田優をみてテレ笑う小栗旬の表情が一番面白かったですわ(>ω<)


今節のベルマーレ
J2 第31節   ベルマーレ対カマタマーレ

湘南2-0讃岐

これで勝ち点が80に乗りまして
あと勝ち点20を上乗せれば100で
残り11試合で勝ち点20だと7勝4杯か・・・
4勝7分けでも自動昇格はできるか・・・な
昇格争いの松本が負けて磐田が引き分けたので
勝ち点差を広げることが出来たのも大きいしね
ただ
菊池の怪我とウェリントンのイエローが痛い・・・

« 9月ですが | トップページ | 閑話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画鑑賞:

« 9月ですが | トップページ | 閑話 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-
無料ブログはココログ