フォト

« チャラン・ポ・ランタンショー参戦 | トップページ | やなぎなぎライブ »

2015年2月17日 (火)

ゆかりんライブに行ってきた

毎年
母親からバレンタインのチョコを貰うのですが
今年は
チョコから日本酒にランクアップしました(>ω<)


チョコよりも酒のほうが嬉しいといったのでね、自分が(;´▽`)y-~~

そんな感じのバテレン祭の次の日に
武道館で開催される

「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 Winter *Lantana in the Moonlight*」

に行ってきましたよ

今回のライブは

を発売してのイベント的なライブで
CDを購入して
付いているシリアルで
ライブチケットに応募ができるという
巷で云うところの

「AKB方式」

今回は
14日、15日の二日間開催だったので
両日参加したいなら
最低でもCD二枚は買わないといけないという


別に
このチケットに当選したからといって
タダで観れるわけでもなく
普通にチケット代7800円はかかるという

自分的には
なんかなぁ~的な感は拭えないので
さらに
同じCDを何枚も買うという行為が無駄にしか思えないので
当たれば儲けもの的な感じで
CD一枚だけ買っての応募
なので
何時もならライブの次の日は年休を獲っているのですが
当たるかわからないもの予定に年休を突っ込むのも
年休が無駄になるので
今回は年休も入れずの

そんな感じで
最初から参加に対して良い感じの高揚感もなく
そんな精神状態なので
何時もなら
ゆかりんライブの時は
ハチマキにハッピ、パペットにボンボン、タオルにサイリウムと
フル装備を準備していくのですが
持っていったのはサイリウムのみという体

15a

15時開場、16時半開演ということで
現地に着いたのも15時半過ぎという
普段のゆかりんライブではありえない遅さで

そんなんだから
着いた時にはパンフが売り切れという

って
まさかパンフが売り切れるとは思わないでしょ

と云うか
パンフだけは売り切れちゃダメでしょ

そんな感じなので
武道館に着いてからもテンションは上がらず


実際のところ
毎回
ゆかりんのライブは
ゆかりんがステージに現れるまでは
テンションがローなのですけどね

会場の周りで
テンションが上がりまくっている輩を見ると
微笑ましく思えますからね( ̄ー ̄)

入場前に
会場前に止まっていた
「あのね Love me Do」のプロモーションアドトレーラーが止まっていたので撮影

15c

それと物販に貼られていた等身大
神楽坂ゆかのポスター(\2500)を

15b

今回は
自分のテンションの高さと相まってか
座席も一階西の最後方と
武道館の一階後方の天井の高さは驚くほど低いので
普通に手を上げると天井に届くという

でも
座席の後ろに荷物が置けるのが若干有難いかな・・・

開演時間から10分位押してからライブがスタート

ライブ開始の頭に
いきなりの
乙女戦士クルピヨンの寸劇からの映像(゜Д゜;≡;゜Д゜)
まさかの
ゆかりんがステージに登場しないという形でのライブスタート
さらに
自分の席からはステージ上の大きなスクリーンが見えなくて
隅っこの方に設置されているモニターで見るしかないという状況
感覚的には
沢山の人がノートパソコンの画面を見ている感じ
その位
小さい画面を見ることを強いられるという
正直
何をやっているのか分からない

ゆかりんのライブは
ライブパートと映像パートで構成されているので
この後の映像パートも
この小さい画面を見ることを強いられるのかと思うとゲンナリで

そんなことを思っていると
乙女戦士クルピヨン映像が終わり
やっとステージ上にゆかりんが登壇

乙女戦士クルピヨンの主題歌を歌って
自分的にはライブがスタート

セトリは

乙女戦士クルピヨン
めろ~んのテーマ ~ゆかり王国国歌~
惑星のランデヴー
ラブリィ レクチャー
あのね Love me Do
mon cheri
月華
君へ
夢色ラビリンス
虹色ばルーン
不可触な愛
こっちを向いて
まだ好きでいさせて
Doki Doki ☆ π パイン/神楽坂ゆか
教えて ヴィヴァルディ/神楽坂ゆか
1、2、の3シャイン/神楽坂ゆか
好きだって言えなくて
純愛レッスン
ラブラブベイビーハッピースター
チアガール in my heart
Fantastic future
エキセントリック・ラヴァー
<ENCORE>
バンビーノ・バンビーナ
fancy baby doll
Super Special Smiling Shy girl

今回はなのか
今回もなのか
途中で神楽坂ゆかのコーナーがあったりで

自分的には
正直
神楽坂ゆかのコーナーは不要だと思っているのですわ

ゆかりんのライブを楽しみにしてきているので
いくら
ゆかりんが扮していたとしても
何か違和感というか何か腑に落ちないものが有りまして・・・

別に神楽坂ゆかが嫌いということもなく
神楽坂ゆかのライブだったら
それはそれで楽しめますのでね

それをごっちゃにされると・・・

SOPHIAのライブに行ったのに
突然ワンコーナーだけ松岡充のソロコーナーになったら
LUNA SEAのライブに行ったのに
突然ワンコーナーだけ河村隆一のソロコーナーになったり・・・
そういえば昔
SHAZNAのライプで突然ワンコーナーがIZAMのソロコーナーになった時に
メンバーの残り二人がステージから捌けるということが在ったのですが

そんな違和感というか残念感

何か
否定的な意見が並んだように感じるかもしれないけど
ライブ的には
最初に述べたように
ゆかりんがステージ上に上がれば
いやが上にもテンションは上がりますし
もう
来て良かったと思うこと間違い無しの状態で状況(*・∇・)=3

約3時間超えのライブも
短いと感じるほどですよ

・・・
・・・・・つまらないライブは例え1時間でも長いと感じますからねぇ

ラストの
Super Special Smiling Shy girlでは
声の限り
「世界一可愛いよ」
と叫びましたとも

本当にねぇ
ゆかりんライブに行くと
ゆかりんをこれからも応援していこうと思えてくるのですよ
そんなかんなで
ゆかりんのファンに成って10年超えまして

これからも応援していく訳で・・・

ただ
ゆかりんは応援していくけど
神楽坂ゆかをこの先
応援していくかは微妙・・・
ライブがあったら行くとは思いますが
ゆかりん程の熱も力もお金も入らないかと・・・

« チャラン・ポ・ランタンショー参戦 | トップページ | やなぎなぎライブ »

田村ゆかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆかりんライブに行ってきた:

« チャラン・ポ・ランタンショー参戦 | トップページ | やなぎなぎライブ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ