フォト

« 1ゆかりんファンとしては | トップページ | Jリーグ開幕 »

2016年2月22日 (月)

花粉飛散中で悲惨中

0222

内科を受診して花粉症の
目薬と飲み薬を処方してもらいました

今年の花粉は昨年並みと予想されていましたが
自分的には
昨年よりもキツイか・・・と

で上の画像を反転させると

0222b

何か危ない薬になるよね(;´▽`)y-~~

処方箋以外に今年も

0215

を使用です
外出時は基本、マスク着用がデフォルトなのですが
ジョギングの時はマスク着用はメガネが曇りすぎて厳しいので
・・・マスクして走ると高地トレの感じで呼吸がしづらくなって
それはそれで良いのですがね

さて
今日から
ゴールデンウイーク明けくらいまでは
花粉との戦いですわ


毎年
負け続けていますがね。・゜・(ノД`)・゜・。

そんな花粉飛散の中
20日の土曜日は
川崎CLUB CITTAに

「チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン
ツアー2016 女たちの120分」

に参戦してきました

この日は生憎の雨だったのですが
花粉症の自分にとっては花粉にやられることはないので
気分的にはプラマイ0と云うところ

ただ
雨だけじゃなく
風も強かったので
京葉線が風のため本数が減ったりと
正直
東海道線までどーなるかわからない状態だったのが・・・

その為
ライブ終了後は
一緒に参戦した友人と飯を食うこともせずに
一目散に帰宅したのですがね

そんな感じの雨の日のライブ

当然
入場待機列は傘の花が咲き誇る状態で
自分は
オールスタンディングのライブでは
どんなに雨が強くても折りたたみ傘で行くのですが
・・・折り畳み傘じゃないとコインロッカーに仕舞え無いし
ロッカーが使えない時でも
畳んでビニール袋に入れて鞄に仕舞えば
ライブ中に周りの迷惑にならないのでね
でも
アレかな
自分が古い人間で考えも古いのかな
折りたたみ傘率はかなり低く
ビニール傘や通常傘が半端無く

そういう傘はロッカーに入らないので
ロッカーの上に平然と乱雑に置かれるという
入場の時に傘を入れるスーパーの店先に置かれているビニールを貰えるのですが
それに入れずに置く輩もいたり
さらに
普通にそのまま会場内に持ち込んだりと
なんか
ライブの観覧(?)のマナーが変わったのかな

でも
今回は
チャラン・ポ・ランタン的にはライブ中のネタでも行っていたのですが
チケットが完売しなかったようで
その御蔭で・・・と言うのは語弊があるのですが
ホール内がギューギューになることもなく
適度に個々の空間ができていたので
ソコまで持ち込んだ傘や鞄、上着がジャマだなぁ・・・と感じることはなかったのですがね

ライブの方はチャラン・ポ・ランタンのライブとしては珍しく
開場時間が10分位押しまして
雨の中での10分押しは厳しいなぁ・・・と思ったのですが
他のアーティストだと開場時間の10分おしなど珍しくもなく
逆に10分は短いと感じるくらいなのですがね

そんなんで開場時間は17時10分頃
開場時間が10分押したので開演時間も10分押すかな・・・と思っていたのですが
開演時間は約5分押し程度で18時5分頃にライブがスタート

ツアー初日ということで
演者も観客も手探り状態な感じ

今回はカンカンバルカン編成と云うことで
ブラスが全面に出ている感じで
崩壊バンドとは全く趣が違っていますわ

いや
音楽の素人が聴いても判るくらいなので
音楽に詳しい人が聴けば
さらに違いが詳しく判るんだろうけどね


自分くらいの人間的には
聴いていて楽しければ
ジャンルとかはどーでもいいのですがね

で今回のライブも
相変わらずのチャラン・ポ・ランタン節が炸裂の
猛烈に楽しめたライブ

あいも変わらず
チャラン・ポ・ランタンの曲はCDで聴くよりも
会場に足を運んで生で聴くのが一番だと思うほど
インストとかじゃなく
本当にライブに来て聴いてくれ・・・と思うのですわ

本当に
チャラン・ポ・ランタンショーと言って差し支えないほど

今回のツアーは先ほど発売した

のツアーなのですが
アルバム曲はあるものの
ちょい前の曲あり
それより前の曲もありと
それはそれでバランスもよく
さらに
前の曲なんかも今回のライブに合うような感じのアレンジも加わり
一粒で二度美味しい感じに

今回は
タキ翼に楽曲提供した「ペンデュラムラブ」を歌い
映画「少女椿」の主題歌「彼女のジンタ」を初披露したり
新作のカバー曲「Kalashnikov」をやったりと
初披露曲が聴けたのも激アツ

少女椿の主題歌は
少女椿の内容がアレなだけに
エログロ臭が強過ぎたら正直げんなりするなぁ・・・と思っていたのですが
これが
ちゃんと少女椿の臭いを残しつつもチャラン・ポ・ランタンの曲に仕上がっていて
正直かっこいい曲に仕上がっていて驚いたり
と云うか
早くCDが発売されないかな・・・と思うくらいの出来で

ツアータイトルに女たちの120分と銘打っていたので
アンコールも含めて120分なのかな・・・
それだとチャラン・ポ・ランタンのライブにしたら短いな・・・と思っていたのですが
終わってみたら
アンコールも含めて2時間半ちょいと
女たちの150分と云う感じでしたわ

ライブ中に
ライブの進行を妨げるようなヤジなのか何なのかわからない声掛けをする輩がいたのが
残念でなりませんが
・・・それでも
そのヤジに対して小春が
「うっせぇなぁ、関係ない話してんじゃねぇよ」
とちょっと切れ気味で返すと静かになったのが救いかな・・・
でその後小春が
「すみませんねぇ、こういうのが怖いって話ですよねぇ」と笑いに変える手管が流石
大道芸で鍛えられているのか
変な客相手のあしらいも巧くさらにその後のフォローも巧い
ヘタすると場がしらけムードになるトコロを
白けることもなく逆に笑いに変えて場がさらに盛り上がるからねぇ・・・

そんな感じの楽しいライブでしたわ

色々な大人の事情で
松井玲奈への提供曲が聴けなかったのは残念なところ

« 1ゆかりんファンとしては | トップページ | Jリーグ開幕 »

チャラン・ポ・ランタン」カテゴリの記事

コメント

ども~
ご一緒させて戴いた知人ですヽ(´▽`)/
花粉症対策大変ですなー
来月はもっととととととと?

ライブでもコンサートでも無い"ショウ"な感じがするチャラン・ポ・ランタン
全ての楽曲が好みと言う訳では無いのだが、嫌いじゃないこの世界観
今回は最新アルバムをそれなりに聴き込んで挑んだので楽しさ倍増\(^o^)/

>チャラン・ポ・ランタンの曲はCDで聴くよりも
>会場に足を運んで生で聴くのが一番だと思うほど
>インストとかじゃなく
>本当にライブに来て聴いてくれ・・・と思うのですわ

CDもYouTubeも曲のキリトリでしか無いので
ライブ(ショウ)というトータルでの感じ方は全然違イマスシネー
心地よいと思ったら"生"で1回は聴いて見るのが一番
ま、合わなかったらそれまでよーだしね(≧∇≦)

生でこそ
チャランポの世界観かな・・・
ハマる人とハマらない人とに真っ二つに分かれる感じがしないでもない
でも
サーカスが頑なに嫌いな人は少ないだろうから
間口は広めになっていそうなんですがね
行きは良い良いよ帰りは怖い・・・と云う感じか
いや
怖くはないけど
いや・・・
ハマると怖いのかΣ( ̄□ ̄;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉飛散中で悲惨中:

« 1ゆかりんファンとしては | トップページ | Jリーグ開幕 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-
無料ブログはココログ