フォト

« ゆかりん、誕生日おめでとう | トップページ | 3月11日 »

2017年3月 6日 (月)

ごめんつかまつり候

3月ですねぇ・・・

という訳で
4日は
「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」
に行ってきましたよ

0304b

開場15時で開演が16時で
初の武道館ライブということで
始まる前から
今日は何時間のライブになるのかと期待でドキドキですわ
取り敢えず
3時間は軽くオーバーじゃろうなと思いながらの参戦
まぁ
3時間超えても
まだ19時ですからねぇ
ドンと来いってところですわ

開場時間の15時頃に武道館に着いたのですが
開場前物販の待機列がすごい列になっていて驚き
この位の時間になっていたら
物販待機列もかなり捌けているじゃろうと思っていたのですが
考えが甘かったですわ
多分
自分と同じように
angelaの初の武道館ライブということで
記念とご祝儀的な気分で
何時もは物販をスルーしているぢぇらっこが多々いたんではないかと

0304a

自分も
何時もかスルーしているパンフを記念に購入しましたし
それと
今回始めてangelaのサイリウムを買いましたしね
angelaのライブに初めて足を運んだ時は
サイリウムを振るのはご法度で
angelaのライブは拳を振るというのが決まりだったのですが
うん・・・コレも時の流れなのかな
林原めぐみ閣下が有料ライブを開催するようになったのですからねぇ
いや
自分は今まで頑なにangelaのライブではサイリウムを振るのは避けていたのですが
前回参戦した日比谷野外音楽堂のライブでのサイリウムの支持率と使用率と
さらにatsukoもMCでサイリウムの色のリクエストをしていたので
うん・・・・
何か頑なにサイリウムを拒否していた自分が馬鹿らしくなりましてね
意固地よりも柔軟な対応でその時その時のライブを楽しむべきなんじゃろうなぁ・・・と

物販で
パンフとタオルとサイリウムを買ってそそくさと入場

0304f

入場口の前にレッドカーペットが敷かれていて
そのレッドカーペットを歩いて入場するという
angelaからのプレゼント的なもので

0304c

今回の座席は
FC先行で獲ったので
アリーナ席でBブロックの通路側と
中々の席

武道館ライブが発表された時は
果たしてangela単独で武道館が埋まるのかと
本人たちも心配していましたが
開演時間近くになると
観客席は略埋まっていましたね
1階2階席の横に張られる黒幕も無かったですし

開演時間が近づくに連れ
会場内のぢぇらっこのワクワク感が高まっていくのが感じられるようになり
開演時間の16時を10分程過ぎた頃に
遂に
angelaの武道館初ライブがスタート

サーカス定番のクラウンによるパフォーマンスから
舞台上の大きな線路の手動ポイントみたいなスイッチをオンにすると
スクリーンに武道館前のレッドカーペットを歩いて入場してくるangelaの姿が
ぢぇらっこの待ち構える中
angelatがステージに登場
ぢぇらっこの熱狂と感涙の中
「DEAD OR ALIVE」
でライブがスタート

今回のセトリ

01 DEAD OR ALIVE
02 その時、蒼穹へ
03 Different colors
04 KINGS
05 此処にいるよ
06 Yell for you
07 cheers!
08 Dream on
09 是、夏祭り
10 沖縄ふうインスト

<アイドルあっちゃんパート>
11 お願い!シャングリラ
12 蒼い春

13 over the limits
14 イグジスト
15 明日へのbrilliant road
16 Peace of mind
17 KIZUNA
18 蒼穹
19 僕は僕であって
20 騎士行進曲

<アンコールドメラバパート>
21 Shangri-La
22 負けないで
23 サライ

<アンコール>
24 幸せの温度
25 memorise
26 シドニア

<アンコール>
27 Shangri-La

初の武道館ということで
武道館でしたかったことを詰め込んだ内容
angelaからしたら詰め込みたかったことの1/3も入れられなかったという
いや
初の武道館だからと
変に鯱張られてもやだったのですが
ココまで何時もの
いや
何時も以上の
力が入った悪ふざけが来るとは思わなかったですわ

タイトルが
「ミュージック・ワンダー★特大サーカス」
となっているところから
まぁ
ちょいと期待はしていたのですが
いやいや
期待の斜め上をイカれましたわ

まずステージ衣装が
atsukoがホワイトタイガーの頭を胸にした衣装という
キングスーパーライブの時のライオン衣装のトラ版という
初のソロ武道館ライブの衣装がそれで良いのかと訊きたいくらいですわ
そしてkatsutが猛獣使いという感じの衣装
ステージが
ステージバックに口を開けたライオンの顔がデカくあり
その口から出ている舌が滑り台になっていたり
上から下に伸びる光線が檻を表していて
檻の中で暴れる猛獣たちというイメージだからこその衣装なのかもしれないですが
それでもねぇ・・・

そして
angelaの恩人といえるキングのプロデューサーの中西さんが
ストリートで歌っていたangelaをスカウトした新宿のアルタ前から武道館まで
主題歌タイアップの目録を持って走り届けるという
某番組の様なコーナーも有り

そして
このコーナーの流れで
中西プロデューサーが走っている映像をバックに
ドメラバが「負けないで」と「サライ」を歌うという

映像する上で
大丈夫なのかという
武道館だからこのパロディ・・・
怖いもの知らずだわ・・・と
笑いが止まりませんでしたわ
中西プロデューサーの走る映像も
新宿から武道館なのになぜか雪道を走っているし

また
アニメタイアップの曲の時は
バックにそのアニメが流れるのですが
久し振りに宇宙のステルヴィアをみましたわ

そして
ファフナーの時はやばいですわ
曲と映像の力が二乗して
半端ない破壊力
自分の隣の席の女の人が泣き出してしまっていましたしからね
と云うか
ネットで
この日のangelaのライブの感想を見てみると
ファフナーは涙腺決壊箇所だったようですわ

さらに
ライブラストでは
ファフナーの最終回であった
「W175 N57」
をangelaの二人がお互いの右腕に書いて
必ずこの場所に戻ってくると云う約束を
この時会場のぢぇらっこも右腕に同じように書いたり
入場時に配られて座標が書かれているシールを張ったりして
全員が
この場所に必ず返ってくるという約束を

熱い
この演出はズルい

そして
この胸熱なシーンで
atsukoがkaTsuの右手に書く時に失敗してWをMと書くという間違いをして
kaTsuだけが1人マクドに戻るというボケが発生するという

もう
笑いあり
涙あり
胸熱ありと
盛りだくさんの内容

そりゃ
時間が4時間オーバーになるよねぇ

16時10分頃に始まって
終わったのが20時半頃という

そして
やった曲数がアンコール入れて27曲

どんだけ寸劇とフリートークがあったのか

いや
本当に楽しかったですわ

4時間超えたライブだったので病み上がりの体には
ちと厳しく感じたので
帰りはグリーンで帰ってきましたわ

先週は本当に体調が最悪で
風邪と花粉がダブルで襲ってきて
鼻水が酷いことになっていましてね
鼻をかみすぎて鼻は擦り切れるし頭はクラクラするし
喉は痛いしと
どれだけ厳しかったかというと
同じ週に有った
やなぎなぎの
5周年記念ライブ「Cassiopeia Limited Express」を回避した程
獲ったチケットが無駄になってしまいましたが
いや・・・
鼻水が止まらなくて
一回かんでも10分もしない内にまたかむというエンドレス
電車にのるのも無理だし
ライブ中にひっきりなしに鼻をかむことになるのは必定だったので
泣く泣く行かないことに

でも
やなぎなぎのライブを回避したからこそ
angelaのライブには何とか行けたと思えば・・・

みんなも
体調管理には気をつけよう

今回のangelaのライブではラストに
写真撮影タイムが初めて設けられまして
何枚かを撮ってきましたわ
連写モードでバシャバシャ撮るものでも無いじゃろうと

0304d

ステージのライオン

0304e

何気に目線が有っている感じの写真

« ゆかりん、誕生日おめでとう | トップページ | 3月11日 »

angela」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごめんつかまつり候:

« ゆかりん、誕生日おめでとう | トップページ | 3月11日 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ