フォト

« 憤り | トップページ | 衆議院選挙 2017 各党の公約 »

2017年10月16日 (月)

夢か現か幻か

15日は
Zepp DiverCityで開催された
Ryoko Shintani Live Tour はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'17 「chu→lip☆DayDream」
に行ってきました

1015f

画像はダイバーシティ東京プラザ内に有る
サンリオショップに展示されてあるキティロボ

前回の良子のライブが
2015年の4月だったので
コチラも
ゆかりんと同じく
約2年半ぶりのライブ

でも
ゆかりんよりも
ライブ枯渇状態ではなく
至って普通という感覚

大体が良子のライブ周期が
もともと2年毎だったので

でも
久しぶりのライブなので
やはり楽しみでもあるのですが

生憎の雨降りと
11月下旬頃という気温でしたが
そういうことが気にならないほどの高揚感

でも
とりあえず
現地に着いたら
等身大ユニコーンを撮りに行きましたがね

1015a

1015b

自分が居た時間はユニコーンモード

で撮影してから
ライブ会場に移動

何時もは
開場前にコインロッカーに荷物を入れて
待機列にて待機しているのですが
今回の自分の整理番号が100番以内だったので
開場してから会場内のロッカーに入れることに

今回の番号だと
頑張れば最前近くまで行けたのですが
良子のライブは
最前近く・・・
前から10列目位は
汚いモッシュが発生して危ないのでね
あと
入場待機列が外なので
雨が降っているので傘さしていたいというのも有りましたし

そんな訳で
自分は
前から2柵目の柵の最前で尚且つステージ中央と云う
そこそこのポジションをキープ

ライブが始まると
後ろの方から前の方へと
押し込んで入り込んでいく輩が大量に発生したので
自分の周りは
わりかしスペースが出来て
苦もなく腕を上げたり跳んだり出来ました

自分の前のスペースは
スッゲーカオスでしたし

ライブ始まる前に
次ブナの目の前にいた居た輩が
ライブ終わる頃には何処に行ったかわからないほどでしたからね

17時半開演予定で
約10分位遅れてライブがスタート

ステージ後方のひな壇(?)に
良子が現れると
会場内が一気にピンクのサイリウムで埋め尽くされ
歓喜と狂乱が混じったような雄叫びとも取れる歓声が

今回のライブは
6月に発売されたミニアルバム

をメインにしたものでしたが
ミニアルバムなので収録曲も5曲なので
新旧取り入れた曲で
今回のセトリは

01 ナニカダレカ
02 ハリケーンミキサー
03 Mighty Groovy Fairy
04 DAFT GEAR
05 Branc/Noir
06 Magic Spell
07 Bitter Love
08 YU・ME・ MI
09 Parallel Paradise
10 ray of sunshine
11 HOPPING DICE
12 Chained Diary
13 ロストシンフォニー
14 Memories ※ピアノアレンジ
15 blooming line
16 wonerful world
17 UNLOCKER!
18 Punkdelic Devil

アンコール

19 君のもとへ
20 CANDY POP SWEET HEART
21 MARCHING MONSTER

Wアンコール

22 ReTIME
23 Wonder story

ツアー千秋楽ということで
Wアン有りの作り

良子のライブは
ライブ終了の時は
良子とバンドメンバーが手を繋いで一列になり
全員で会場に向かって頭を下げ
良子がマイクを使わずに
有難うございました
と云うスタイルなので
最初のアンコールが終わった時に
その儀式(?)が無かったので
Wアンあるんだな・・・と
会場の人は思ったんだろうな・・・と

今までのライブだと
ライブ中盤から後半にもってきていたハリケーンミキサーを
2曲目にもってきたので
早くも会場の前の方はカオス状態

今まで(?)なら
そんなに激しく暴れなかっただろう・・・と云う曲でさえも
なんかやたらと暴れていた印象が強く
MARCHING MONSTERでは
今まで以上の暴れブリ
いや・・・
メガネが跳んできたり
サイリウムが跳んできたり
曲を楽しんでいるのか
ただ暴れたいだけなのか
判断がつかない状態

それを柵一つ隔てた安全地帯で
面白おかしく見ていましたわ

でも
そんなちょいとイカれた輩がいるライブですが
ray of sunshineとCANDY POP SWEET HEARTでの
UOの点灯は
びっくりするくらいキレイにキマる
本当にコレはスゴイもので
今までピンクの一面が
瞬く間に黄色の一面に代わるさまは
何度見ても感動する

そして
なんだかんだとと云っても
楽しそうに
嬉しそうに
歌っている良子を観るのは楽しい
そして
良子のライブは
やっぱり楽しい

この楽しい気持ちは
ゆかりんのライブとは違う楽しいというもので
と云うか
良子のライブは良子のライブのみの楽しさがあって
それは良子以外のアーティストのライブも同様で
そのアーティストのみの楽しみが有るのでねぇ・・・

そんな感じのライブは
約3時間と云う
時間表記すると長いと感じるけど
実際は
あっという間

瞬く間の夢の様な時間でしたわ


ライブ終了後は
またユニコーンを撮ってから帰りましたわ

1015c

1015d

この時間はガンダムモードでした
暗闇の中に赤く光るガンダムは
ちょいと幻想的でしたわ
自分的には

1015e

この後姿が格好良い

そして
良子ライブの後には
恒例の脹脛が筋肉痛・・・

約3時間のライブで
正味2時間近くカーフレイズやっているようなものですからねぇ・・・

« 憤り | トップページ | 衆議院選挙 2017 各党の公約 »

新谷良子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢か現か幻か:

« 憤り | トップページ | 衆議院選挙 2017 各党の公約 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-
無料ブログはココログ