« 閑話 | トップページ | 花粉がスゴイdeath »

2018年3月 5日 (月)

イベント三昧だったのか

2月24日と27日に
ライブやらイベントが立て続けにありまして
ちょいと
お疲れ気味な今日此の頃です

母親に云わせると
好きで行っているのに
お疲れも何もないのですがね(;^_^A

0227d

24日は
もともと
東京 EX THEATER ROPPONGIで
angelaのライブが入っていたのですが
同じ日に
自分が好きなパフォーマンス集団の
to R mansionのイベントがあると云うのを直前に知りまして
慌てて
開催場所と開催時間を調べたら
会場が
国立オリンピック記念青少年総合センター 中練習室で
時間は13時からで
公演時間は大体1時間と

angelaのライブは開演が16時で
国立オリンピック記念青少年総合センターから
東京 EX THEATER ROPPONGIまで新宿から地下鉄で直ぐなので
こりゃ
to R mansionからのangela行けるな・・・と

あとは夜勤明けの自分の体力と
電車の時間の問題だけで
正直
自宅から都内に出るには
そこそこの時間がかかるのでねぇ・・・

そんな感じの24日

結論的には
両方行って正解でした(≧ω≦)b

to R mantionの方は
「想像の童話」と云う出し物で
ざっくりと言えば子ども向けのパフォーマンス
会場も中練習室というだけあって
公民館のホールのような場所で
座席も1列目と2列目が20脚くらいのパイプ椅子が並んで
その後ろに段差が作られたところに
これまたパイブ椅子が20脚くらい並べられたのが2段有るくらいで
座席数は100人くらいというこじんまりとした感じ
でその椅子の前に敷かれたシートの上に子どもたちが直に座ってみるという
本当に
子どものための舞台
でも
大人も十分楽しめると云う

子どものための舞台と言っていますが
ためというよりも
子供と一緒に一つの舞台を作っていくという感じの舞台

パフォーマンスの一つ一つに子どもたちが答えていくというか
それがどー見えるかと云う
自由に想像していくことが出来る仕掛けで
自由に想像していいので
どれもが正解の答え

to R mntionの
パフォーマンスも相変わらずスゴイ
のですが
今回一番すごいと思ったのは
1時間
子どもが飽きずに最後まで舞台を楽しめているという作りのと接し方
to R mntionの新たな一面を見たなぁ・・・と

そして
時間通り約14時頃に終わったので六本木に移動
新宿から大江戸線で六本木に
電車では10分位で着けるのですが
小田急線から大江戸線の乗り換えが面倒
というか
新宿駅はラビリンス化しているので
他の線への乗り換えは一種の苦行にも近い
新宿駅をスイスイ目的地に行ける人はまじリスペクト状態

で時間通りにライブ会場に到着
今回は整理番号が大分後ろだったので
開場前ロッカーはせずに
開場後ロッカーに
ロッカーに荷物を突っ込んでから中にはいったら
頑張らなくても
前の方に行けたのですが
それでも前から10列くらいですがね
徹夜明けもあったので
後方の柵に依り掛かれる場所をキープ

今回はあまり跳ぼうとは思っていなかったのですが
いざライブが始まると
無理でしたわ
体が勝手に反応して
跳ぶし腕を振り上げるし
声を出しているし
体に染み付いた振りもするよね
angelaもまたストリートが長かったからなのか
客の乗せ方が
to R mantionと同じで巧い

今回のライブは
アルバム

発なので
アルバム曲中心のリストでしたが
KIZUNAが聴けたのは嬉しかったですわ

セトリ

01.Beautiful day
02.全力☆Summer!
03.僕は僕であって
04.KIZUNA
05.語り継がれしもの
06.道しるべ
07.あの夏空
08.LOVE LOVE Sweetie
09.SEVEN STORIES
10.Prologue -君の向こう側-
11.To be with U!
12.DEAD OR ALIVE
13.LOVE★CIRCUS
14.此処に居るよ
15.Calling you
16.明日へのbrilliant road
17.Dream on
<Encore>
EN1.お前を傷つける奴にここでサヨナラを(ドメスティック ラヴバンド)
EN2.Shangri-La
EN3.KINGS

いやぁ
本当に楽しいライブでしたわ

そして27日は
ゆかりんの生誕祭ライブに行ってきましたわ

会場は東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

0227c

最寄り駅は飛田給

うん
何処!?
という思い

サッカー通なら
FC東京のホーム味の素スタジアムと解るのですかね

0227b

ライブ会場の前がスタジアム

新宿から特急の京王線に乗って調布で各駅停車に乗り換えて
地元の駅から
うん遠い
正直さいたまスーパーアリーナの方が行くのは楽です

でも
完成したばかりの会場はキレイでしたわ

0227a

開場前物販でグッズを買って
その後にガチャを回して
ざっくりとできている入場待機列になんとなく並んでいたら
開場時間通りに開場

初めての会場なので
どんな感じなのか解らなかったのですが
大きさ的には代々木体育館を縮小した感じのつくり・・・
まぁ
スポーツ開催がメインの会場なので
そりゃ
そうなんですけどね・・・

今回の座席番号は
アリーナの後方支援席だったのですが
ステージ正面で通路側と
自分的な席運としては
良い方(´ー`)

ほぼ時間通りにライブはスタート
会場の照明が落とされると
一斉にピンクの光が会場を埋め尽くすのは
毎回圧巻な思いになる
本当に
ピンク一色に染まる

ちょいと前なら
目立ちたがりーが
UO焚いたり
違う色を点したりとしていたのですが
今は
本当にピンク

まぁ
使用を中止を明記されている明るさのピンクもあったりしますが

そのピンクの光の中にゆかりんが降臨

そしてライブがスタート
今回は誕生日ということで
スタート曲の
14秒後にKISSして
のイントロからハッピーバースデー曲に変わり
会場全員でハッピーバースデーの大合唱
からの
14秒後にKISSして

セトリ

01 14秒後にKISSして
02 17才
03 ガラスの靴にMoonglow
04 プレゼント
05 Le paradis
06 Don't wake me☆Up
07 Sweet Trap
08 星降る夢で逢いましょう
09 だって×2ウキウキ
10 デイジー・ブルー
11 横顔
12 囀りのない部屋
13 砂のオベリスク
14 Lost Sequence
15 マーメイド
16 Hello Again
17 恋は天使のチャイムから
18 純愛レッスン
19 candy smile
20 チェルシーガール
21 Double Fascination

アンコール

22 ゆかりはゆかり
23 fancy baby doll
24 Fortune of Love
25 Baby's Breath

2曲目の17歳は
南沙織さんカバーの曲です
若い人(?)は森高千里さんがカバーしていた方が知っているのか
と云うか
両方共
もう古くて
今の人にはポカーンなのか

誕生日だから17歳ということで
歌ったんだと思う
ゆかりんジョークな曲でしょうかねΣ(゚ロ゚ノ)ノ

今回のライブは
何と言っても
ラストのBaby's Breathでしょうね

Baby's Breathが聴けたというのも
さらにそれがラストの曲という
もう
オッサン泣かせな構成

長いこと
ゆかりんのファンだった人には
たまらなかったんじゃなかろうかと
思い入れがあるファンも
多かろうと

Baby's Breathからのゆかりんファンって
結構いると思いますからねぇ
かく云う自分も
Baby's Breathからのファン
正確にはBaby's Breathが収録されているアルバム
花降り月夜と恋曜日

からのファンですわ

ライブでは
今回も曲と曲の間に
映像タイムが入ったりと
3時間強のライブでした

そして
今回も
しっかりと堪能しましたし
楽しかったですわ

ゆかりんの誕生日に
同じ時間を過ごせたというのが
ファンとしては嬉しいほどの御褒美で
MCの時に冗談気味に言っていましたが
この誕生日ライブをぜひ
恒例化してほしいものです
まぁ
これも
もしかしたら
ファンの高齢化ともかかっていたのかもしれないですがね

いや
MCでも
ファンの年齢をいじっていたりしていたのでね

でも
毎年
誕生日を同じ時間過ごせられたら
そりゃ
幸せですわな

幸せタイムですよ

そんな感じの
一週間でしたわ

いやぁ
充実していたというか
濃かったというか

イベントがないと寂しいと思いますが
立て続けられると
体力的にツライものがくる
歳ですのでねぇ・・・

今週から
花粉が半端なく襲ってきていますわ
こちらは
専守防衛しか出来ない状況ですが
戦局は
一進一退の攻防というところ

|

« 閑話 | トップページ | 花粉がスゴイdeath »

angela」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

田村ゆかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408524/73046716

この記事へのトラックバック一覧です: イベント三昧だったのか:

« 閑話 | トップページ | 花粉がスゴイdeath »